京都宇治の塾講師による殺人事件






[PR]



2005年12月11日(Sun)
京都宇治の塾講師による殺人事件
連日児童が標的となるおぞましい事件が相次いでいる。
そんな中、10日午前9時すぎ、京都府宇治市神明石塚の学習塾「京進宇治神明校」から、子どもが刺され殺害するという事件があった。
しかも、オイラと同じ塾講師による凶行である。

犯人は萩野裕という人物で同志社大4年の23歳だという。しかも、この男、03年6月、京都府警に強盗致傷容疑で逮捕され、1年半の停学処分を受けていたという。
このような人物が、子供に教育を行う場で教鞭をふるなんてのはもってのほかである。
あまりにも傷ましい事件ではなかろうか。

確かに、塾という仕事上、商品を扱うサービス業とは違い、生身の人間を、しかも、判断力の未発達な子供を相手にする仕事である。
もちろん、気に触るようなことを言われたり、気に食わないことがあったりすることも多々ある。

しかし、よく考えてみてもらいたい。オイラたち教師は大人である。
子供と同じ目線で接するが、やはりそこには大人としての分別があるはずである。

たとえば、生徒同士の会話では「あのセンセーうぜぇ」とか「塾長ハゲできもいし、むやみやたらに怒り、怒鳴り散らすしウザすぎ」とか「アイツの授業つまらねーから成績落ちてるし」などの不平不満が出てくるのは常である。
たとえば、ウチの塾の悪い点として、塾長のワンマン的な部分において、生徒をお菓子でつっている部分がある。しかし、他の先生がそれをやることを禁じているのだ。そうすれば、子供たちは、特に学年が低ければ低いほど「お菓子をくれるセンセー」と「くれないセンセー」と分けてしまうのだ。
すると次第に、ひいきの先生の言うことは聞いても、そうではない先生に対しては見向きもし無くなる。だから、我々は授業にて、ありとあらゆるサポートを個人のレベルで実行し、生徒の機嫌をとりながら授業を成り立たせ、成績を上げていくのだ。
幸い、おいらの立場は教務主任ということで、子供たちの間に入って生徒の不満や相談などメンタリティの部分を聞くことが多い。
たとえば、生徒同士のケンカであったり、恋愛であったり、人生相談であったり。
気楽に話せる雰囲気を持っているから、内気な生徒もおいらの前では話をしてくれる。
もちろん、そんなオイラだって陰で何を言われているかわからない。(一番わからないのは塾長だけどねwww 影で俺の悪口を言ってるらしいwwww 人気取りのほうが大事なのかよ?)
おいらの考えを理解しない生徒ももちろんいる。
しかし、そこで怒り怒鳴り散らすのは誰にでもできる。むしろ、このようなことでキレてはいけないのが教師というものである。

たまにキレることはある。以前、授業は聞かないで遅刻はするは、遅刻しても平然とおしゃべりをする生徒。あまりにも態度が悪いのできつく叱ったら手を出してきたのでそれに対してこちらも少々エキサイトし、授業がストップするということがあった。
だが、そのことで殺意が芽生えるようなことはありえないし、その子を今後どう指導していくかの対策を練ることがまず頭に浮かぶのである。

今回の事件を起こした容疑者は、アルバイト講師だという。
正規の塾講師とアルバイトの塾講師は、会社内部では明確に差別化されているが、子供たちにとったら同じセンセーに違いはないのである。

今回のこの事件で、改めて思わされるのは、凶行を犯した男の幼稚さと、それを雇っていた塾にも責任があるといわざるを得ないということである。
このような児童を標的にした事件が相次ぐ中で、過去にそのような事件を起こした要注意人物であったのは、仮にその塾に雇われたあとだとしても、生徒の言動を聞いていれば「あの先生はおかしい」と伝わってくるはずである。
そのような対応を怠った塾にも、重大な責任があるのは明白であろう。

同業者としてものすごく恥ずかしくまた傷ましい事件であり、非常に筆舌に難い惨劇としか言いようがない。


   


ようこそ2000GT Twinturboへ
ゆうきちのぶろぐ第2弾です。

かつてのNeverおよびCURURUってのが使い勝手が悪すぎるので移転しました。
あちらあちらで残しておきますね。


新着トラックバック/コメント

ゆうきちのHP本館:
2000GT Twinturbo
LINK:携帯推奨
ガンダム掲示板
無料着メロDLサイト
(携帯電話からは→http://zola.jp/dxvQFfQ.htm)







カレンダ
2005年12月
       
11

アーカイブ
2005年 (51)
7月 (4)
8月 (9)
9月 (8)
10月 (6)
11月 (14)
12月 (10)
2006年 (84)
1月 (12)
2月 (8)
3月 (14)
4月 (10)
5月 (15)
6月 (8)
7月 (2)
8月 (3)
9月 (1)
10月 (5)
11月 (2)
12月 (4)
2007年 (41)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (5)
4月 (2)
5月 (4)
6月 (9)
7月 (5)
8月 (4)
9月 (6)
11月 (1)
2008年 (2)
1月 (1)
3月 (1)

アクセスカウンタ
今日:106
昨日:138
累計:730,787