2006W杯ドイツ大会の後の日本






[PR]



2006年01月15日(Sun)
2006W杯ドイツ大会の後の日本
ポスト小泉という言葉が巷ではにぎやかですね。
もう一つポスト◎◎ということで、今回はサッカーのお話です。
ポストW杯、ポストジーコについて一言(というかよりすげぇ長文)

【ポストW杯・ポストジーコの問題点】
昨年のジーコジャパンは予想以上に好成績を収めました。W杯出場を決め、多くの日本人選手が脚光を浴びるようになり、海外移籍がさらに加速しました。
ですが、はたしてジーコのやっていることに「うん」と首を縦に振り、うなづけるでしょうか?
特に戦術の問題なんかはポストW杯ポストジーコ、が問題になってくるでしょう。
正直な話、今のジーコはトルシェの遺産によって食いつないでいる状態です。
メンタリティの部分では絶大なカリスマ性はあるでしょう。ですが、タクティクス(=戦術)という部分ではジーコを形容する言葉が見当たらないんですよ。
一例を挙げましょう。オフトジャパン=アイコンタクトファルカンジャパン=ドイスボランチ(ダブルボランチ)加茂・岡田ジャパン=ゾーンプレストルシェジャパン=フラットスリー。ではジーコは?黄金の中盤?大黒様???全て選手個人の力ですよね。あえて言うなら薄氷の勝利ジーコ・ミラクルといったところでしょうか。
自由なスタイル、イマジネーション、そういった言葉が聞こえてきますが、それはしっかりした戦術のベースがあって生かされるものなんですよ。
だから、そのベースがトルシェが育んだシドニー五輪のメンバー=W杯2002メンバーであり、その戦術を理解している選手の能力にかかっているのです。つまり、冒頭に述べたトルシェの遺産で今までやってるということなのです。

では今から何かを加えるべきか?それは、むしろ今からでは遅すぎるし、今のままでもW杯はなんとか戦えるでしょう。うまくいけば決勝Tまで見えています。
問題は、そのあとの日本代表です。仮に変に好成績を挙げてしまえば続投が決まるでしょう。ですが、今のメンバーがその後のW杯に何人残っているでしょうか?トルシェはA代表を鍛えながらその下のカテゴリーも直接指導していました。今回ジーコはそれをしていません。トルシェが行ったことは異例のこととも言えます。ですが、直接指導したA代表、U−23代表以外でも、それ以下のジュニアユース代表、Jの各チームの多くがフラットスリーをベーシックとした戦術を用いてどのカテゴリーにおいてもトルシェの意志が浸透していました。今回のジーコの4バックは正直な話、現在世界で使用されているそれとは大きく違い、彼が活躍していた80年代のシステムであり、それに一番近いシステムを使っているのは唯一鹿島アントラーズのみと言っても過言ではありません。
とはいえ、鹿島ですら80年代の4バックシステムではなく、それをベースに色々と試行錯誤を加えられたものなのです。
それでも日本代表が、まかりなりにも形になるのは、卓越した選手が揃っているからなのです。

【トヨタカップ05の戦術から見る】
昨年のトヨタカップの決勝戦をご覧になられたでしょうか?
下馬評では、戦術、選手全てにおいて上回るリヴァプールが圧倒していましたが、決定機を外したツケがまわり、最終的にはサンパウロにもっていかれました。
リヴァプールは4バックを敷いており、しかも監督は世界有数の名将といわれるベニテスにもかかわらず、決定機に決められないというコトで勝ちをみすみす逃してしまいました。
致命的な戦術のミスもありました。好調な選手を一発目から使わなかった。コンディションの悪い選手を使用した。勝てると思い、いつでも点を入れられる状況であったため、選手交代の時機を逸した、色々とあげられます。ましてや、12月に入り、このトヨタカップの間に2週間で4試合というのはまさに過酷な戦いの連続で、しかもロンドンから東京という長距離移動もありました。(そこにも問題がありますが、今述べる部分では無関係ですので割愛します。)
つまり、コマをしっかりもっていても、名将と呼ばれる監督でさえ判断を誤ることがあり、戦術一つで戦局が180度変わってしまうのです。
ですから、ジーコに明確な戦術がないということはそれだけで不安要素になるのです。

よって、今の日本代表は幸いにもコマが揃っており、前任の監督の遺産がありますが、それを次の段階へステップアップさせるのにはいささか不安があるのです。
問題は、この日本代表がW杯のあとに、今の状態をキープしさらに世界の強豪を相手に戦って行くことで、それには、次の代表監督の仕事が正直いって大変なものとなるということでしょう。

それこそ、日本を理解していて世界的にも有数の戦術家でなければ今後の日本代表は坂道を転がるように落ちて行く危険性があります。

writebacks(1)
Servus Dora!In DD nu Posted by Chubby さん at 2016/05/04 13:32
Servus Dora!In DD nu poti avea incredere. Este un santajist ordinar, asa si-a inceput cariera, asa a facut avere. Nu va ezita sa mearga de partea cui da bani.Nu uita ca si Bichir s-a perindat pe la OTV, apoi la B1 si era de partea lui TB, iar acum rumega kkt la multe alte telviiziune, eu il vad des la realitatea.

トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存

ようこそ2000GT Twinturboへ
ゆうきちのぶろぐ第2弾です。

かつてのNeverおよびCURURUってのが使い勝手が悪すぎるので移転しました。
あちらあちらで残しておきますね。


新着トラックバック/コメント

ゆうきちのHP本館:
2000GT Twinturbo
LINK:携帯推奨
ガンダム掲示板
無料着メロDLサイト
(携帯電話からは→http://zola.jp/dxvQFfQ.htm)







カレンダ
2006年1月
15
       

アーカイブ
2005年 (51)
7月 (4)
8月 (9)
9月 (8)
10月 (6)
11月 (14)
12月 (10)
2006年 (84)
1月 (12)
2月 (8)
3月 (14)
4月 (10)
5月 (15)
6月 (8)
7月 (2)
8月 (3)
9月 (1)
10月 (5)
11月 (2)
12月 (4)
2007年 (41)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (5)
4月 (2)
5月 (4)
6月 (9)
7月 (5)
8月 (4)
9月 (6)
11月 (1)
2008年 (2)
1月 (1)
3月 (1)

アクセスカウンタ
今日:24
昨日:112
累計:730,817