トヨタカップ決勝戦






[PR]



2005年12月18日(Sun)
トヨタカップ決勝戦
地球一が決まりましたね。地球一の次は宇宙一かぁ??っていう風にも言われていますが、まぁとにもかくにもサンパウロが優勝決めました。
オイラ的には20年来のリヴァプールファンだけにものすごく悔しいのですが、あのサンパウロの1点はまさに目を見張るものでした。
それよりも、リヴァプールの敗因は落ち着きがなかったと言う風に見えます。
数少ないチャンスをつかんできたリヴァプールにとって、あれだけのチャンスが舞い込んできたため、逆に精度の欠いたシュートが続いたということでしょうか。
取り消された得点も、オフサイドのもの、それからラインを割っていたもの、確かにゴールが割れませんでした。
それからホジェリオ・セーニのファインセーブ、サンパウロのディフェンス、紙一重に見えて無駄のない守りでした。
つまり、全てを防ぐのではなく、微妙な急所を外し、シュートを撃たせることで枠に飛ばさせないという神業のようなディフェンスを行っていたということです。
こういうディフェンスは伝統的にイタリアのクラブチームが得意とするゲームですが、それを南米の雄サンパウロがやってのけるところに王者の懐の深さが感じられます。
リヴァプールとしては相手の術策にはまり、サンパウロはしてやったりというところでしょう。
まさに一撃必殺のサッカーでリヴァプールを返り討ちにしたサンパウロには感服いたしました。
-------------------------------------------------

さて、倉内くん倉内くんとテレビでは叫んでいましたが、シナマに関してはスルーしていましたね。今日の出来を見てたらコーナーキック外したりと、それから前回の準決勝でのゴールを見ていたら倉内君のほうが優れてるように見えますが、やはりあそこはシナマを入れるほうが可能性を感じたのでしょう。
結果から言えば、波に乗っているクラウチのほうを先に出しているほうがよかったかもしれませんね。
ただ、シナマのほうがガチガチだったのが気がかりでした。ルイス・ガルシアのオフサイドとなったゴールシーンがオフサイドでなければ多分彼はヒーローになれただけに非常に残念です。
それから、ジェラードとルイス・ガルシアですが、彼らの活躍はもうお墨付きなのですが、ここぞというときで焦りが生じてしまったのでしょう。
ロスタイムの二人のシュートは、普段なら決めていたと思われます。
あまりにも前半からチャンスを外してきていたため、「ココで決めなくては」という意気込みが心理的にプレッシャーとなり外してしまったと感じられます。

今後、リヴァプールはリーグ戦、UEFAのCLとありますが、この敗戦を引きずる結果になりかねないのでここで一度リセットする必要があるかもしれませんね。

-------------------------------------------------

サンパウロにいたっては冒頭でも紹介いたしましたように、急所を外し、一撃で葬る居合いのようなサッカーでした。
イタリアのカテナチオのようなサッカーだけに単純に見る分にはつまらないものに見えますが、ジリジリと詰め寄り間合いを削りあうそのようなサッカーには驚嘆し、また嘆賞させられるようなゲームでした。
さらに、ただのガチガチのディフェンスではなく、個人技でも魅せたりと随所ですばらしい技術を見せてくれました。

-------------------------------------------------

さて、このトヨタカップなんですが、今まで以上に明石家さんまがウザく感じたことはありませんでした。
上戸彩に対してあからさまにバカにした感じでねぇ。
ちょっといやなおっさんに見えてましたよ。
上戸彩ってそこまで素人じゃなかろうに。昔はそんなことなかったのになぁ。。。
なんか知ったかおじさんみたいでやけに癇に障った・・・。


-------------------------------------------------

さてさて、そんなこんなでトヨタカップが終わりましたが、随所ですばらしいプレーが見れたので大満足です。
本当はリヴァプールに勝ってもらいたかったけどね・・・。

writebacks(2)
Kewl you should come Posted by Dorie さん at 2016/05/04 11:47
Kewl you should come up with that. Exlcnleet!

John,As far as needi Posted by Jeneva さん at 2016/05/06 18:13
John,As far as needing ETOPs for the package &qutu;B&qtoo; Trents I'm not sure about that and I think that is something between RR, Boeing and the FAA (also with GE whenthey roll out their PIP changes for GEnx). My gut feel is probably not but it is all up to the FAA.With regards to your second question, remember that the 300 hours are for F&R testing not ETOPS. ETOPs certification is done based on test points accomplished and not flight hours flown so it won't take 300 flight hours for ETOPS 330 but a few flights to validate the reauired FAA test points. http://fctgybfh.com [url=http://leeqrtgsp.com]leeqrtgsp[/url] [link=http://wvwmiffqjo.com]wvwmiffqjo[/link]

トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存

ようこそ2000GT Twinturboへ
ゆうきちのぶろぐ第2弾です。

かつてのNeverおよびCURURUってのが使い勝手が悪すぎるので移転しました。
あちらあちらで残しておきますね。


新着トラックバック/コメント

ゆうきちのHP本館:
2000GT Twinturbo
LINK:携帯推奨
ガンダム掲示板
無料着メロDLサイト
(携帯電話からは→http://zola.jp/dxvQFfQ.htm)







カレンダ
2005年12月
       
18

アーカイブ
2005年 (51)
7月 (4)
8月 (9)
9月 (8)
10月 (6)
11月 (14)
12月 (10)
2006年 (84)
1月 (12)
2月 (8)
3月 (14)
4月 (10)
5月 (15)
6月 (8)
7月 (2)
8月 (3)
9月 (1)
10月 (5)
11月 (2)
12月 (4)
2007年 (41)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (5)
4月 (2)
5月 (4)
6月 (9)
7月 (5)
8月 (4)
9月 (6)
11月 (1)
2008年 (2)
1月 (1)
3月 (1)

アクセスカウンタ
今日:6
昨日:62
累計:735,550