WBC決勝!日本初代王者に!






[PR]



2006年03月22日(Wed)
WBC決勝!日本初代王者に!
WorldBaseballClassicsでついに日本が初代王者になりました。
アマチュア世界一と呼ばれるキューバに対し、10−6で下し見事優勝を達成しました。

オイラは、スカパーのJ−Sportsで、時間があれば予選1次リーグから各国の試合を見ていました。

普段、野球をあまり見ませんが、この大会は別で、なぜか見入ってしまいました。
とくに、昨日の決勝戦は、普段の野球に比べ倍以上の時間がかかっているにもかかわらず、ほとんど時間を感じさせず釘付けになっていました。

MVPや、ベストナインをみると、まぁ、どこの大会でもそうですが決勝戦で活躍した選手が取り上げられていましたね。

個人的には大会最優秀選手に松坂というのが解せないですけどね。

今大会、日本選手でオイラが釘つけになったのは川崎宗則選手。
普段ソフトバンクで活躍している選手ですが、この大会でさらに一回りもふたまわりも成長したのではないでしょうか?

それにしても、パ・リーグの選手(というかロッテw)が多かったですね。

元々、WBCを主導したMLB(通称:大リーグ)の各チームから、「シーズン前にこの大会が行われるのは痛手だ』とするような旨が伝えられ、選手参加に非協力的であったといわれていました。
とくに、ヤンキースやホワイトソックスがそのような姿勢を示したため、日本代表に打診されていた松井秀喜や、井口資仁が参加を見送るという形となったのです。

これが、実際のところ、本人の意思だったのか、チームの意向をのまざるを得なかったのか、真相は定かではありませんが、この結果をみて、両選手は歯がゆい思いがあったでしょうね。
そういえば、この松井秀喜が辞退したことにより、あの奇跡の代打先制2ランを打った福留が選ばれたんですもんね。
皮肉なものです。
テレビを見ていても彼ら日本人メジャーリーガーのコメントがないのも不思議ですね。

それにしても、イチローのすごさは改めて感じさせられましたね。

あ、そういえば韓国ですが、「勝率の悪いチームが、優勝するなんて」とか言っているみたいですね。
何を言ってるんでしょうかね。決勝トーナメントはWBCが開催されると決まった時点からきめられていたんですからね。
そもそも、決勝トーナメントの意味わかってるんでしょうか?
確かに優れたチームの一つでしたが、彼らは日本に対して固執しすぎていたために、肝心の大会制覇ということを忘れてしまったんでしょうね。
マウンドに国旗を突き立てるような行為をしているのもどうかとは思います。
大会途中の日本戦終了後に、ビクトリーランをしてしまったことで彼らのWBCは終わってしまったのかもしれませんね。

まぁ、それはさておき、今後、定期開催されないとかなんだとか、終わったばかりだというのに色々ととりだたされていますが、何はともあれ日本代表おめでとう!

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存

ようこそ2000GT Twinturboへ
ゆうきちのぶろぐ第2弾です。

かつてのNeverおよびCURURUってのが使い勝手が悪すぎるので移転しました。
あちらあちらで残しておきますね。


新着トラックバック/コメント

ゆうきちのHP本館:
2000GT Twinturbo
LINK:携帯推奨
ガンダム掲示板
無料着メロDLサイト
(携帯電話からは→http://zola.jp/dxvQFfQ.htm)







カレンダ
2006年3月
     
22
 

アーカイブ
2005年 (51)
7月 (4)
8月 (9)
9月 (8)
10月 (6)
11月 (14)
12月 (10)
2006年 (84)
1月 (12)
2月 (8)
3月 (14)
4月 (10)
5月 (15)
6月 (8)
7月 (2)
8月 (3)
9月 (1)
10月 (5)
11月 (2)
12月 (4)
2007年 (41)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (5)
4月 (2)
5月 (4)
6月 (9)
7月 (5)
8月 (4)
9月 (6)
11月 (1)
2008年 (2)
1月 (1)
3月 (1)

アクセスカウンタ
今日:21
昨日:61
累計:733,157