トリノ-フィギュア-






[PR]



2006年02月25日(Sat)
トリノ-フィギュア-
トリノオリンピック、女子フィギュアで荒川が金メダルをついに取りましたね。
オリンピックで、フィギュアのお楽しみは、競技のあとのエキシビジョンにあると言っても過言ではありません。

メダリストがその素晴らしさを再び見せてくれるというオマケ。

ところで、やはりロシア勢は強いしうまいですよね。

男子のプルシェンコは悲願の金メダルを手にしましたが、ヤグディンの影を完全に払拭しましたね。
数日前の本選、今朝の、エキシビジョンをみていてそう感じました。
ヤグディンが男らしい力強さのスケーティングなら、プルシェンコは中性的なスケーティングであり、かつ男性らしさをももっています
とりをつとめたプルシェンコですが、本選とは違い、確実な滑りを見せるも、やはりゴールドメダリストだけあって、一挙手一投足が華麗でした。
ハンガリーのヴァイオリニスト、エドウィン・マートンの生演奏とともに、クラシカルな音楽とともに近代音楽を織り交ぜ、さらに演舞するプルシェンコ。
彼を賞する形容詞が見当たらないほどの演技でした。

そして、魅せられた今回、アイスダンスの演技もまた氷上という概念を覆すものでした。
個人的には、フィギュアも面白かったのですが、このアイスダンスもとても楽しめました。
アマチュアといえど、今回のエキシビジョンではどれをとっても楽しめるものでしたね。

さて、このエキシビジョンをみて思ったことは、やはりスケート大国ロシア。そこに割って入った荒川のすごさも特筆するところでしょう。

実力が拮抗する女子フィギュア。決して荒川がずば抜けていたわけではありません。
ですが、あのしなやかさは特筆すべき点でしょう。
今朝のエキシビジョンでもジャンプは一回だけ、あとは滑っているだけですが、イナバウアーや、Y字スプレッドなどのしなやかさはやはりゴールドメダリストの輝きをもっていましたね。

個人的には村主のボールを使った演技も素晴らしく思えました


   


ようこそ2000GT Twinturboへ
ゆうきちのぶろぐ第2弾です。

かつてのNeverおよびCURURUってのが使い勝手が悪すぎるので移転しました。
あちらあちらで残しておきますね。


新着トラックバック/コメント

ゆうきちのHP本館:
2000GT Twinturbo
LINK:携帯推奨
ガンダム掲示板
無料着メロDLサイト
(携帯電話からは→http://zola.jp/dxvQFfQ.htm)







カレンダ
2006年2月
     
25
       

アーカイブ
2005年 (51)
7月 (4)
8月 (9)
9月 (8)
10月 (6)
11月 (14)
12月 (10)
2006年 (84)
1月 (12)
2月 (8)
3月 (14)
4月 (10)
5月 (15)
6月 (8)
7月 (2)
8月 (3)
9月 (1)
10月 (5)
11月 (2)
12月 (4)
2007年 (41)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (5)
4月 (2)
5月 (4)
6月 (9)
7月 (5)
8月 (4)
9月 (6)
11月 (1)
2008年 (2)
1月 (1)
3月 (1)

アクセスカウンタ
今日:21
昨日:61
累計:733,157